Follow

血液型が面白いのは、両親の遺伝子により確定される要素であること。
これは絶対であり確実に言えること。例えば、子供の血液型がおかしいということで実は親が自分じゃないと気づくことすらあるらしい。
で、面白いのはここからで、それが脈々と受け継がれてきた特徴を示すのか、あるいは、血液型そのものが影響を及ぼすのか、つまり、どちらが原因で、どちらが結果なのかという点で、非常に面白いところがある。どちらにせよ遺伝的に確定される要素に対し、その遺伝的要素自体に原因があるのか、単に遺伝的要素で単純区別できるため結果を予測するために使われるだけなのか。

Sign in to participate in the conversation
mstdn.syui.cf

syui.cf is one server in the network