観光客を35倍にした熊野古道の完璧なコンテンツマーケティング bazubu.com/kumanokodo-37245.ht

あるけども、これが現実なので仕方なし

とはいえ、なんでそんなことまで考えなくちゃならないんだという話ではある

これからはもう少し早く決断せねばなるまいて

2日くらい前から、ちょっとおかしいぞと感じていて、その時点で逃げておくべきだったのに、気のせいかもしれないということで、ひどい損害を受けてしまった

というか俺の決断が遅すぎたので、大ダメージを食らったという話でしかないのでは

このゲーム、ほんとに面白くないよ

やっぱ時間帯考えないとダメ

この時間、不正連発される

不正食らって負けた、ヒードラン、フシギバナに蹂躙される

面白そうな話だったので、ついつい反応してしまった

心の話になぜ害とか利益とかそういうものを持ち出すのでしょう。登場人物は本当にそういうことを考えていたでしょうか。
恋愛に公正世界を望んでおきながら、どんな汚い手を使ってでも執念で勝つ人間が選ばれるべきというのは、公正の意味をわかっていないように見えます。あなたの言ってるそれを公正とは通常言わない。
もちろん、恋愛にルールなんてない、常識や規範なんてないんだ、自由なんだというのであれば、それはわかりますが、そこに公正を持ち出す意味はわかりません。
恋愛はその人が大切にしている価値観や基準で選べばそれでいいものでは。

私はこれを読んだとき、すべてが歪んでいるようにしか見えませんでした。
心も公正も恋愛も、すべてが。

それで終わってしまう話です。

恋愛に公正だと?そんなものはない

では恋愛にルールなんてあるのか。ないですが、人には常識や規範があります。
とはいえ、ルールなんてないという仮定で話を進めたとしても、それならば公正という言葉自体を持ち出したことがもはや間違いでしかありません。

公正というのは、正々堂々と戦うという意味ではないですか。執念を燃やしてどんな汚い手を使ってでも勝とうとして、それで勝ってしまうというのは、公正という言葉に反します。わけがわからない。

もちろん、執念が見えるラブコメも面白いですし、そういうキャラも好きだったりしますけどね。
公正世界というなれば、心が清らかなものが勝つのが自然です。
実際の世の中は、不公正であり、不平等ですから、良い心を持つものが勝つとは限らない。そんなことは子供でも知っていますよ。

害も利益も目に見えますが、そういった理由で選んだわけではないでしょうね。

それに「害をなさず自分に利益だけをもたらした人を選ぶのは情けない」みたいな話ですが、そもそもそういう話ではないでしょう。
心の話であったはずで、心は目に見えないのです。

Show more
mstdn.syui.cf

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!