Show newer

久しぶりにアニメ見た、メイドラゴン

さっきの話、あくまで傾向であって、本当に大切なのは人柄というか精神なので、実は 精神 > 専門分野 ということになります。ですから、本当のところ言うと、専門性、あまり関係なかった?

基本的になにかこう、ネットでトラブったこともないし

私は運が良かった。いい人とばかり巡り会えたので

(そのためにこんなとこで、こんなへんなことを書くのやめるべきでは...

話は以上ですが、特に何かが言いたかったわけではなかったなあ
しいて言えば、「人となり」が大切だと思うので、私も頑張ろうと思います

まあ、これも状況や環境によるところが大きく、個々人でどうにかできる話でもないですが

それでは継続できないし、メンバのモチベを下げ、積み重なって大きな負担になってしまう

つまり、エンジニアはエンジニアと組みたがるが、経営の人と組んだほうがうまくいく傾向にあるんじゃないかってことと、あと、根本的には人となりの話になりますが、リスペクト精神がある人とでないと、個々人の能力がどれほど高くてもうまく行かない可能性が高いと思われます

ですが、専門家は自分と同じ専門家で、その分野ですごい人と組みたがる傾向がとても強い。その気持ちも理解できます。だって話がわかるし、楽ですからね。もちろん、理由はそれだけではないって言いますし、そう思いますが

でですね、もうちょっとだけ思ってることがあるんですが、専門家は専門家と組むのではなく、いろいろな分野を渡り歩いてる人と組むほうが良い結果を生み出すことが多いなってのは、思ってたりします

内心、びびりましたが、linuxを取り入れだした頃から、そんな気はしてた

ちなみに、皮肉ですが、GAFAに含まれないM、microsoftは変わりましたね

もちろん、GAFAも例外ではなくなるのかもしれません。そのうち変化を嫌がるようになるでしょう。
それをトップ経営層がどのように食い止めていくかによって、成長するところと成長が止まるところが出てくると、私は考えています

何かを変えるとき、反対はあるでしょう。というか、自分以外周りにいるすべての人が反対すると思ったほうがいい。
なぜなら、それ一筋でいままでやってきて、成功もしてきて、天下のトヨタ、自動車の巨人がなぜ、と。それが普通でそれが当たり前の考え方です。例えば、トヨタのほぼすべての従業員はそう思うでしょう。役員も同じ。
そのような状況で、果たして変化していけるのかどうなのか。私にはわかりませんが、一般的な日本企業のイメージでいうと、難しいのではなかろうかと、そんなことを思ったりするのです

このような視点にはいろいろなことを知り、いろいろなことをやって見る必要があると私は思っていて、実は、根本に戻るのも大変だと思う
はじめてのことって、誰にでもストレスで、歳をとればそういうことはやりたくないものです。今までの経験を生かして、今までの延長線上にやっていきたいと、そう願っているわけではなく、それより遥かに厄介な潜在している意識によって囚われてしまいます。この様になった人が変わることはほぼありません。これはごく普遍的なことです。みんなそうですよ。
ですが、首脳陣だけは、基本に戻らなければなりません。これは大変なことですけどね。いろんなことをやり、いろんなことを知り、人々が本当に求めるものはなんだろうと、そういった視点で物事を判断しなければならない

「より良い移動手段を」というのであれば、変化に対応できますが、仮にトヨタが今までと同じように「よりよい自動車を」という考えに固執するなら、何かが変わり負ける未来も十分に有り得るというのが私の予測です

自動車に関してもそうで、人は便利な移動手段であれば、自動車でなくてもなんでもいいのです
それがより見えていたのが、GAFAだったのでしょう
もちろん、これからどうなるかってのはわかりませんけどね

Show older
mstdn.syui.cf

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!