Show more

頭のいい問いかけをする人だなあ。 / 企業は潰れてもいい? anond.hatelabo.jp/201810271517

なぜギークはエディタを黒に染めたがるのか、その答えを述べるなら、最初から黒だから。そして、特別変える必要性を感じないから。サーバーにアクセスしたとき、サーバーをインストールするとき、linxuを使うとき、最初から黒。だからターミナルも黒であることが多い。いきなり背景色変わったりするの負担だしね、そういった意味合いがあると思う。で、エディタはターミナルで起動することが多い。理由はコマンド使えたほうが便利だから。GUIでもできるけど、わざわざGUIでsshとかその他をする必要性がない。わざわざ最初からの黒を変更する必要性がないことが多い

海外受けするには、いいやつが一人も居ないってのもポイント高いのかもなー。

長々としたセリフで説明とかではなく、背景というか、映像的に語ると言うか、例えば、過去の出来事が流れたりだとか、そういった部分で説明しているのも大きいよなと。

短い時間の中でこれだけまとまってるってすごいな。
あと、みんなあんまりしゃべらない。てつおとかも「じゃますんなー!!」くらいしかしゃべらんし。

それ以外には、超能力者の思考ってのか、人間性というか、そういうのも描かれていて、現実的でありつつも、ファンタジーや理想が詰め込まれていた感じがした。

次に、キャラだけど、他人を羨んだり、嫉妬したりといった人間が、超能力を得て、暴走してしまうって話なんだけど、兄貴分みたいなそいつの尊敬の対象だった人間と対決することになる。
そういう誰でも持ってる劣等感っていうのかな、単純な気持ちや心情が描かれていると言うか、そういった奴らが出てくるわけで、うまく出来てるのは、その辺かなとか思った。
あとは、科学者の暴走っていうのか、狂気というのか、そういうのも描かれたりしていて、やはり、多様性がありつつもポイントを抑えている感じだった。
例えば、科学者は、人がいくら死のうが気にしない。彼らが気にするのは、新しいなにかであり、興味の対象は常にそこなんだということ。
冒頭では市民側の人間性みたいなものが表現され、中盤では、政府側の人間性みたいなものが表現されていた。
政府側というのは、例えば、会議にいた人たちとか、金を持って逃げようとしてた人たちとか、実験を指揮してた人とか。

まず冒頭だけど、これは海外受けがいいし、観客を引きつける要素が満載だと思った。
政府と市民の対立。発展しつつも荒廃した街並み、銃撃戦、革命、反乱、反抗心などなど。
海外受けが良い要素はいくつかあって、例えば、薬物、暴力、酒、バイクなどなど。人種も多様性があって、現実的な方が受ける。要は、見た目がそれほどかっこよくないっていうのかな。美化されていないと言うか。
ただ、現実的すぎてもダメで、その辺りは、現実とディズニーやポケモンを足して二で割ったみたいな感じがいいんじゃないかな。

AKIRAを見たので、感想を少しだけ。
すごく面白かったのは言うまでもないけど、今回は分析的な視点から書いてみようかなと思う。

ミカルゲやっとゲットした。シロナ戦で一番手としてでてくるポケモンなんだよね。
この前、ダイヤモンドを再プレイしたばかりで、あまり懐かしい感じでもないんだけど、懐かしい。

とは言え、そういうの難しいよなと

作品って、時代によって浮かばれる作品と浮かばれない作品ってあるじゃないですか。
で、名作って、多分、時代に左右されないものを言うんです。
なので、書くときには、「これはどの時代の人が読んでも面白いのだろうか?」と自問自答するというか、そういったところを意識すると良いのではと思ったりした。

だいぶ古い作品らしいけど、まあ、私にとってはあまり関係がないと言うか、どうでもいい話だな

AKIRAとかまだ見てなかったから、今度見る

最近、けいおんを再視聴してたんだよな

ダンバル、アメx2の時にでてきてくれるのもいいね。正直、アメだけが足りてなかった。

ちなみに、私は捕獲数ってあまり気にしないので、基本、パイルで投げる。
多分、金でも同じくらいの確率だろう。10ゲット中、1,2落とすかどうかくらいしか違わないと思う。とすると、結局の所、パイルのほうがいい。
ただし、例外があって、個体値が高い場合と、投げる数が少ない場合は金。
何でもそうだけど、バランスが取れたゲーム、特に任天堂のゲームってのは、「一律ではなく、半分で考える」という思考が有効だと思ってる。
この場合は、一律、金ずりではなく、半分パイル、半分金ずりという風に。

うれしい、ギラティナあたりはテンション上がる感じがするね

ギラティナ、ゲット。アメはx12

mstdn.syui.cf

syui.cf is one server in the network